電子印鑑、電子決済










電子印鑑、電子決済の課題をあっさり解決する

折れ線を描く、グリッドとスナップの設定、正多角形を描くワンポイント

折れ線を描く、CADワンポイント機能です。 ボリラインとは複数の要素、線・円弧等をもつ連続したひとかたまりの図形です。構成要素が複数あってもそれぞれの要素同土は接続しているので、CAD上は1つの図形として扱われます。別々の要素として扱うには、分解する必要があります。ポリラインは単独の線分ではできない幅の設定や編集をすることができます。

グリッドとスナップの設定について、CADワンポイント機能です。 図面範囲にライン、または格子状の点・グリッドを表示します。グリッド表示の間隔や角度は変更することができます。スナップの設定をオンにするとマウスが指定した間隔で移動します。スナップとグリッドの設定を同じにすると、グリッドの点を正確にクリックすることがでぎるようになります。また、極トラッキングとスナップのPolarSnap設定を組み合わせると、指定した角度・指定した長さにマウスの動ぎを制限することがでぎます。

正多角形を描く、CADワンポイント機能です。 正多角形を作成することができます。正多角形の中心と、内接または外接する円の半径を指定する方法、または、正多角形の頂点の位置と、一辺の長さを指定する方法のどちらかを選択し家す。作成された図形はポリゴン図形と呼ばれ、複数要素で構成された閉じたボリラインです。ポリライン同様CAD上では1つの図形として扱われます。編集するには分解が必要です。


タイトルとURLをコピーしました