CADリンク集/コンセント、スイッチ




コンセント、スイッチのCADフリーデータのサイト紹介です。
コンセントの設計・計画については極性、コンセントプレートの意匠的調和、負荷容量、仕様・形状、一般的コンセントの電圧と形状、住宅用コンセントの設置高さなどを考慮します。
コンセント、スイッチなどの、CADフリーデータが、ダウンロードできます。

 このダウンロードサイトでは、コンセント、スイッチなどのCADフリーデータがたくさん用意されています。
 CADフリーデータだけでなく、素材・イラストなどもきっとお役に立つと思います。






コンセント、スイッチ CADデータ

Panasonic、建築知識 添景CAD、コンセント 図面 Google、Google コンセント、Google スイッチなどのサイトで、使えるCADデータが紹介されています。
私の場合も、これらのサイトでいろいろ探して、楽しんでいますよ。
「Panasonic」のサイトでは、スイッチ・コンセントのCADデータ、画像データ、仕様図などが、ダウンロードできます。

Panasonic建築知識 添景CADコンセント 図面 GoogleGoogle コンセントスイッチ 図面 GoogleGoogle スイッチ


コンセント、スイッチ 素材・イラスト

PIXTA、CLIP ART LOGO、FOTO SEARCH、Freepikなどのサイトで、利用できる素材・イラストデータが揃っています。
検索すれば本当に沢山のデータが出てきますよ。
「FOTO SEARCH」のサイトでは、スイッチの、素材・イラストが、ダウンロードできます。

PIXTAFOTO SEARCHCLIP ART LOGOFreepikCLIP ART LOGO

コンセント、スイッチをチェックしてみた

テレビの配置は、家具配置とともに慎重に検討する必要があります

家具の中でも、テレビの配置は、電源の問題で、一番悩んでしまいます。電源コンセントが近くにあれば、自然とその近くに置きたくなってしまいます。テレビを置きたい場所まで、延長ケーブルを使って配線する場合は、ケーブルは配線モールで隠してしまうようにしましょう。

部屋の広さとテレビサイズにより家具を配置したり、視聴距離の関係なども考慮して、テレビの配置を決めることも重要です。また、ホームシアターなどを設置してしまうと、ケーブルの関係で、他の家具を動かすのが億劫になってしまうこともあります。そのため、テレビの配置は、部屋全体の家具配置とともに、慎重に検討する必要があります。

コンセントの取付けや交換作業には電気工事の知識が必要です

コンセントやスイッチの取付け、交換作業には、電気工事の知識と資格が必要になります。しかし、カバーの取り替え程度なら、手軽に交換できるようになっています。近くのホームセンターに行けば、たくさんのコンセントやスイッチのカバーが販売されています。

住宅機器は、素人では取り付けが難しいものがあるため、購入店や設備会社に依頼して取り付けてもらう必要があります。最近のメーカー製品は、長期使用ができるように安全性が高まり、品質なども基準をクリアして性能が高いことを証明するシールが張られています。住宅機器は、使い方によって寿命が早まることもありますから、定期的な点検を受けて安全に使うことが大切です。

特定の機器には、接地極付のコンセントを施設しなければならないと定められています。コンセントを屋外に設置するか、屋内の水場が多い部分に設置するかによって変わってきます。コンセント、スイッチの設置は、電気事業法に基づく経済産業省令として制定されています。


タイトルとURLをコピーしました