CADリンク集/プレス金型設計、プレス曲げ加工




プレス金型設計、プレス曲げ加工の2Dcad・3Dcadデータのサイト紹介です。
複雑な形状や曲げ加工・絞り加工、プレス金型設計、プレス曲げ加工業務の3次元CAD/CAM一体型システム、ブランク展開、パンチ設計、ダイセット設計に対応、ソリッド検証機能とプレス機械の加工連携機能などの、2Dcadデータ・3Dcadデータが、ダウンロードできます。

プレス金型設計、プレス曲げ加工の2Dcadデータ・3Dcadデータ・イラスト素材などをお探しの方は、次の項のCADデータリンク集を、是非ご活用ください。
無料のCADデータも揃っています。






プレス金型設計、プレス曲げ加工 フリーソフト

Caelum プレス金型設計・加工、プレス金型設計 PRESS/PRESS Auto、プレス金型設計、3D Quick Pressなどのサイトで、利用できるデータが揃っています。
ご要望のデータが簡単に探せますよ。
「3D Quick Press」は、Solid Works アドインの順送プレス金型設計ソフトウェアです。ブランク展開、ストリップレイアウト設計、パンチ・ダイセット設計に対応しています。
Caelum プレス金型設計・加工プレス金型設計 PRESS/PRESS Autoプレス金型設計3D Quick Press


プレス金型設計、プレス曲げ加工 素材・イラスト

プレス金型機械 図面 Google、プレス曲げ加工 図面 Googleなどのサイトで、多くの種類の素材・イラストデータがダウンロードできます。
私の場合も、これらのサイトでいろいろ探して、楽しんでいますよ。
「プレス曲げ加工 図面 Google」のサイトでは、プレス曲げ加工 図面、写真、イラストが、見れます。検索から多数のアイテムを表示できます。
プレス金型機械 図面 Googleプレス曲げ加工 図面 Google

プレス金型設計、プレス曲げ加工に求められるものは

プレス金型設計には、公差と呼ばれる寸法の許容範囲があります

プレス曲げ加工とは、金属などの材料でできている素材をプレスの圧力によって曲げることをいいます。曲げ加工を行う時は、金型と呼ばれる金属で出来ている型に金属材料をセットし、プレスの圧力をかけます。これにより、金型の型と同じ形の曲げ加工が可能になります。

金型を使うことで、曲げる位置や角度を一定に保ち、部品の品質を一定にすることができます。プレス金型設計を行って金型を作り、プレス曲げ加工を行います。プレス金型設計は、図面を作成して、図面に記載されている寸法に収まるように作り上げます。また、図面の中に記載される寸法には、公差と呼ばれる寸法の許容範囲があり、それを守ることが重要になります。

プレス金型設計では、CADシステムを使って設計が行われ、CADデータに基づいて金型の製作が行われます。CADを活用することで、細かな部分の設計が容易になり、許容範囲内の公差で製作できるメリットがあります。

機械CADには、2次元CADと3次元CADとがあります。2次元CADは、3次元CADと比べると、物体の形状の把握に限界があります。機械3次元CADは、機能差の違いによって3つのタイプに分かれ、機能差が高いほうから順に、ハイエンドCAD、ミッドレンジCAD、ローエンドCADになります。


タイトルとURLをコピーしました