CADリンク集/建築パース、外観パース




建築パース、外観パースの2Dcad・3Dcadデータのサイト紹介です。
SketchUp・Photoshopでモデリング、VectorW orks・RenderWorks・Photoshopで手描きレタッチ感の表現、VectorWorksでモデリング、などの、2Dcadデータ・3Dcadデータが、ダウンロードできます。

 このダウンロードサイトでは、建築パース、外観パースなどのCADデータがたくさん掲載されています。
 2Dcad・3Dcadデータだけでなく、イラスト素材・写真画像などもダウンロードして、はじめてはどうですか。






初歩的なパースを描くなら

SketchUp + Photoshop

SketchUp、Photoshopなどのサイトで、利用できるデータが揃っています。
皆がよく利用しているサイトです。これらのサイトをお勧めします。
「SketchUp」のサイトでは、建築パース 図面、写真、イラストが、見れます。検索から多数のアイテムを表示できます。
SketchUpPhotoshop

VectorWorks + RenderWorks + Photoshop

VectorWorks、RenderWorks、Photoshop、SketchUp 建築パース 図面 Google、VectorWorks 建築パース 図面 Googleなどのサイトで、使えるデータが紹介されています。
使い勝手が良くて凄く重宝していますよ。
「VectorWorks」のサイトでは、建築パース 図面、写真、イラストが、見れます。検索から多数のアイテムを表示できます。
VectorWorksRenderWorksPhotoshopSketchUp 建築パース 図面 GoogleVectorWorks 建築パース 図面 GoogleRenderWorks 建築パース 図面 Google


モデリングを優先するなら

formZ + Photoshop

formZ、formZ 図面 Google、Photoshop 建築パース 図面 Googleなどのサイトで、高品質のデータがダウンロードできます。
要望に合わせて自由にお好きなデータが選択できます。
「formZ」のサイトでは、図面、写真、イラストが、見れます。多数のアイテムを表示できます。
formZPhotoshopformZ 図面 GooglePhotoshop 建築パース 図面 Google

フォトリアルをやるなら

VectorWorks + CINEMA 4D

CINEMA 4Dなどのサイトで、品質の高いデータが載っています。
ご要望のデータが簡単に探せますよ。
「CINEMA 4D」のサイトでは、建築パース 図面、写真、イラストが、見れます。検索から多数のアイテムを表示できます。
VectorWorksCINEMA 4D

formZ + 3ds Max

Shade、3ds Max、CINEMA 4D 建築パース 図面 Google、3ds Max 建築パース 図面 Google、Shade 建築パース 図面 Googleなどのサイトで、人気のデータが揃っています。
フリーデータでも、有料データとほぼ同じぐらい品質のものもありますよ。
「Shade」は、統合型3DCG作成用ソフトウェアです。写真のような仕上がりが、期待できます。
formZ3ds MaxShadeCINEMA 4D 建築パース 図面 Google3ds Max 建築パース 図面 GoogleShade 建築パース 図面 Google

建築パース、外観パースの耳寄り情報

建築パースは、建物の外観の完成予想を立体的に表した鳥瞰図です

建築パースは、図面などではわかりにくい建物全体のイメージを表現した、未完成物件の完成予想図として用いられます。建物の外観や室内を立体的に表した鳥瞰図です。最近はコンピューターにより、まるで写真のように作成されるように なりました。

建築パースでは、建物の外観や室内を、一定の透視図法を用いることで、立体的な絵を描きます。建築物の完成予想図である建築パースは、以前は、紙にエアプラシで描くことが多く、添景も絵筆で描かれていました。そのため、以前の建築パースは、絵心のある人にしか描くことのできない特殊な技能作業でした。

CGとはコンピュータグラフィックのことで、人物でも自動車でも樹木でも、パソコンを使って絵を描くことができます。現在では、建築パースにも建築CGとして、コンピュータグラフィックが多く使われています。住宅を建てる際には、完成の姿をイメージしにくいものですが、建築設計のプレゼンテーションには欠かせないもになっています。

屋根の形は、建物のイメージを元にプランや空間と同時に考えます

屋根の形は、建物のイメージを元にプランや空間と同時に考えます。プランがどうなっているかで、屋根の形は決まってしまいます。屋根をシンプルにするには、プランもシンプルにすることです。屋根は、建物の高さや落とす影にも影響します。建築基準法では、道路斜線や北側斜線など、敷地の周囲から建物の大きさを制限しています。特に、北側斜線は隣家に大きな影響を与えるので、地域によっては建築基準法より厳しい条件を 設けているところもあります。建築設計では、雨樋を含める指導がある場合でも、屋根の先端が、この斜線に引っかからないよう計画しなければなりません。


タイトルとURLをコピーしました