CADリンク集/モデリングとフォトリアル、formZ、CINEMA 4D、3ds Max、Shade




モデリングとフォトリアル、formZ、CINEMA 4D、3ds Max、Shadeの2Dcad・3Dcadデータのサイト紹介です。
formZで作る手描き的発想のCGパース。Shade3Dで、3Dのモデリング、レンダリング、アニメーションから3Dプリンター対応などの、モデリングとフォトリアルの建築パースCADソフト、2Dcadデータ・3Dcadデータが、ダウンロードできます。

まずはダウンロードサイトのリンク集から、モデリングとフォトリアル、formZ、CINEMA 4D、3ds Max、ShadeのCADデータをチェックしてみましょう。
お探しのデータが見つかるかもしれません。






formZ で、建築パース

formZ、Z Surfer’s Blog formZ、form・Z GI レンダリング遊び、form・Z CAD・PC製品レビュー 建築知識、formZ 図面 Googleなどのサイトで、高品質の建築パースがダウンロードできます。
要望に合わせて自由にお好きなデータが選択できます。
「Z Surfer’s Blog formZ」のサイトでは、formZ を使ったパース作成について、詳しく解説されています。
formZZ Surfer’s Blog formZform・Z GI レンダリング遊びform・Z CAD・PC製品レビュー 建築知識formZ 図面 Google


CINEMA 4D で、建築パース

建築家とデザイナーのための CINEMA 4D、CINEMA 4D と ArchiCAD の連携、CINEMA 4D トレーニングサイト、CINEMA 4D CAD・PC製品レビュー 建築知識、CINEMA 4D 建築パース 図面 Googleなどのサイトで、利用できる建築パースが揃っています。
検索すれば本当に沢山のデータが出てきますよ。
「CINEMA 4D 建築パース 図面 Google」のサイトでは、建築パース 図面、写真、イラストが、見れます。検索から多数のアイテムを表示できます。
建築家とデザイナーのための CINEMA 4DCINEMA 4D と ArchiCAD の連携CINEMA 4D トレーニングサイトCINEMA 4D CAD・PC製品レビュー 建築知識CINEMA 4D 建築パース 図面 Google




3ds Max で、建築パース

3ds Max、3ds Max 新時代の建築ビジュアライぜーション、3ds Maxは難しいソフトなのか、3ds Max 建築パース 図面 Googleなどのサイトで、多くの種類の建築パースがダウンロードできます。
私の場合も、これらのサイトでいろいろ探して、楽しんでいますよ。
「3ds Maxは難しいソフトなのか」のサイトでは、建築パースのレンダラーとしての、3ds Max について解説されています。建築パースで最も重要なのは、カメラアングルと、ライティングです。
3ds Max3ds Max 新時代の建築ビジュアライぜーション3ds Maxは難しいソフトなのか3ds Max 建築パース 図面 Google

Shade で、建築パース

Shade 建築・パース、shadeで考える建築CGパース、Shadeで仕事 インテリア&建築パースより、Shade 3D、Shade 建築パース 図面 Googleなどのサイトで、使える建築パースが紹介されています。
皆がよく利用しているサイトです。これらのサイトをお勧めします。
「Shade 建築・パース」の、Shade 3D のレンダリング機能は、美しくビジュアライズすることで、まだ存在しない建築物をプレゼンテーションする際に、説得力を高めてくれます。
Shade 建築・パースshadeで考える建築CGパースShadeで仕事 インテリア&建築パースよりShade 3DShade 建築パース 図面 GoogleWTノート

モデリングとフォトリアル、formZ、CINEMA 4D、3ds Max、Shadeの圧倒的に便利な情報

実際に見るような建物を、3D映像で再現することができます

建築パースは、実際に見るような建物を、3D映像で再現することができます。formZやCINEMA 4DというCADソフトを使うことで、自分で建築パースを作成したり、建物の形のデータを読み込み、設計した建物がどのように見えるかを確認することができます。

formZは、このソフトで平面図を作成して立体的に表示させます。導線の確認、建具などの収まり、空間の広がりなどを把握するのに便利なソフトです。

CINEMA 4Dは、プロの建築家やデザイナーが利用しています。写真の様な仕上がりになるので、実際にあるような感覚で、完成イメージの確認ができます。

3ds Maxは、AutoCADで作成した図面を取り込みます。建築書類として平面図を作成しつつ、図面が完成したらそのデータを使って3Dデータとして 確認できるため、作業効率に優れいています。

Shadeでは、3Dプリンタに対応しています。外観などを作成したら、3Dプリンタで模型の様な実物の縮尺された完成品が出力されるので、手で触れて確認することができます。


タイトルとURLをコピーしました